スティーブン・バーネット教授 特別講義

開催日程

2018年7月31日

場所

慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-Lab

概要

ラトガース大学 スティーブン・バーネット教授 特別講義

  • 日時: 7月31日(火)14時00分~17時30分 (13:30受付)
  • 場所: 慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-Lab
  • キャンパスマップ【3番の建物】
  • 言語: 英語
  • 入場料:無料
  • 対象: バーネット氏の特別講演は、主として慶應義塾大学学生及び研究者を対象をしていますが、大学院生・研究者の方であれば、どなたでも参加できます。
  • 参加には、事前登録が必要です。下記 URLよりお申込みください(7/26締切)。
    https://goo.gl/forms/OJBwNnA66kR8vlRJ2
  • お問合せ: こどもの機会均等研究センター info@creoc.keio.ac.jp
  • 講師紹介: ラトガース大学のスティーブン・バーネット教授は、同大に設置されている全米幼児教育研究センター(NIEER)の所長でもあります。教授の研究領域は、幼児教育と保育の経済分析、特に就学前教育の費用便益、就学前教育が子どもの発達に与える長期的影響、教育機会の均等などに渡ります。バーネット氏はミシガン大学で経済学博士号を取得し、これまでに180以上の論文や本の章を執筆されています。博士は特に、子どもの発達の経済学と、研究成果を現実の政策に転換するための実践に強い関心をお持ちです。最も有名な研究には、幼児教育の長期的影響に関するメタ分析、ペリー就学前教育プログラムとアベセダリアンプログラムの費用便益分析、数々の無作為化社会実験の実施、そして全米就学前教育年鑑シリーズの発行を通じた、公的就学前教育の州ごとの比較分析があります。

PDF

Link

備考

主催:こどもの機会均等研究センター(CREOC)
共催:慶應義塾大学経済研究所(IES)
助成:文部科学省 科学研究費補助金基盤研究(S)16H06323・科学研究費助成金挑戦的萌芽研究16K13372