ニューヨーク市立大学 マイルズ・コラック教授 特別講義 不平等の世代間連鎖

開催日程

2019年3月5日

場所

慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-Lab

概要

ニューヨーク市立大学 マイルズ・コラック教授 特別講義 不平等の世代間連鎖

  • 日時: 3月5日(火)14時00分~17時30分 (13:30受付)
  • 第1部 14:15〜15:30
    社会的流動性と不平等の比較分析における近年の発展
    第2部 16:00〜17:15
    カナダとアメリカ合衆国における世代間の移動:国内比較と国際比較
    ※各部は1時間の講演の後、15分の質疑応答で構成されております。
  • 場所: 慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-Lab
  • キャンパスマップ【3番の建物】
  • 言語: 英語
  • 入場料: 無料
  • 対象: コラック氏の特別講演は、主として慶應義塾大学学生及び研究者を対象としていますが、大学院生・研究者の方であれば、どなたでも参加できます。
  • 参加には、事前登録が必要です。登録フォームよりお申込みください(3/3締切)。
     
  • お問合せ: こどもの機会均等研究センター info@creoc.keio.ac.jp
  • 講師紹介: マイルズ・コラック氏は、ニューヨーク市立大学の経済学の教授で、ジェームズ&キャスリー・ストーン社会経済的不平等センターの上級研究員でもあります。2017年にカナダ政府雇用・社会開発局のエコノミストとして、貧困削減戦略の策定に関して政府に対するアドバイザーを務めました。
    コラック氏の研究の中心は社会的流動性の諸側面の分析です。4冊の本を編共著し、特に、Journal of Economic Perspectivesに発表された「所得格差、機会均等、世代間移動」において、各国の不平等と社会的流動性の関係について分析した「グレートギャツビー曲線」で世界的に著名です。この貢献により、カナダの経済政策に非常に重要な貢献を果たしたことを称える2014 Doug Purvis賞をカナダ経済学会より授与されました。

PDF

Link

備考

主催:慶應義塾大学経済学部附属経済研究所 こどもの機会均等研究センター(CREOC)
共催:慶應義塾大学経済研究所(IES)
   慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センター(PDRC)
助成:文部科学省 科学研究費補助金基盤研究(S)16H06323